中国語学習がもっと好きになるメディア

【LINEでできる】中国語の単語帳の作り方を紹介

  
\ この記事を共有 /
【LINEでできる】中国語の単語帳の作り方を紹介

 

ユウカ (@ebiko_chugokugo ) です!記事を見つけてくれてありがとうございます。

 

 

今回は、LINEを使ったオリジナル単語帳の作り方をシェアしたいと思います。

 

 

今、あなたは「中国語の単語が覚えられない・・・」「単語カードを作ってみたけど続かなかった」「自分の覚えが悪いのかな・・・」と思っていませんか?

 

 

もし今、単語がなかなか覚えられなくて中国語の勉強を挫折してしまいそうだと感じていたら、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

この記事を書いているのは
 
Twitter(@ebiko_chugokugo) / Instagram(@chinese_memo)
 

 

 はじめてこのサイトを訪れた方へ 

中国語勉強カフェってどんなサイト?

 

LINEで中国語の単語帳を作り始めた背景

LINE単語帳

 

まず私のLINE単語帳をサラッとお見せしますね。(大ざっぱな性格なので、綺麗に整理されていませんがあしからず♡)

 

 

LINEで単語帳を作り始めたのは、それまで使っていた単語カードアプリではなかなか単語を覚えられなかったからです。

 

単語を何度見返しても覚えられないし、そもそも単語カードアプリを開くのもおっくう。そんな状態でした。

 

そんな時にたまたま見つけたのが「英語日記BOY」という本の中で著者の新井リオさんが紹介していたLINEを使ったオリジナルの単語学習法。

 

著書「英語日記BOY」

画像:AmazonWRITE

 

LINEに自分だけのトークルームを作って、新しく覚えた単語やフレーズなどを追加していくというやり方でした。

 

 

詳しいやり方は、新井さんのブログからもチェックできますよ。
 
「続くかわからないけどやってみよう。」ととりあえず始めたのがきっかけでした。
 

LINEで単語帳の作り方と使い方

 

使ってみた

 

実際にLINEの単語帳を作ってみましょう。

 

ステップ①:デフォルトで「Keepメモ」というトークルームを選ぶ

 

終わりです。作り方はいたって簡単です。

 

 

では、この単語帳(トークルーム)をどのように使って勉強すればいいのかということについて、「英語日記BOY」著者の新井さんの使い方を紹介したあとに私がアレンジした使い方をお話ししていきますね。

 

 

英語日記BOY新井リオさんの使い方

  1. 新出単語を書き留める「フレーズの種」トークルームを作成
  2. 「フレーズの種」を綺麗に整理する「フレーズストック」トークルームを作成
  3. 毎朝1時間ほど「フレーズの種」トークルームの単語を調べる時間をとる
    • 英英辞典/英和辞典で意味を理解する
    • その単語を含んだ”実際に出くわした例文””自分が使いそうな例文”をまとめる
  4. 「フレーズストック」トークルームに3.で調べた内容を整理する

>>画像付きの説明は新井さんのブログにてチェック

 

 

ブログを読んでみるとわかりますが、1つひとつの単語についてとっても綺麗にまとめられているんです。

 

 

また、ポイントとして「”自分が使いそうな例文”にしたり、”いつ・どんなシーンでその単語に出会ったのか”記録しておく」ことで覚えやすい工夫をしているのがわかります。

 

 

このポイントをエッセンスとして残したまま、私がアレンジしたLINE単語帳の使い方を紹介しますね。

 

 

私のLINE単語帳の使い方

  1. 漢字+ピンイン+日本語/中国語の解説+例文を書く
  2. 文字で覚えにくい単語はイメージ検索のスクショを載せる
  3. 「いいな!」と思った動画リンクや記事のリンクも載せる

 

新井さんのと比べると、かなり雑多ですね。笑

 

もともと綺麗に整理したりノートを取るというのがもともと苦手なので「新しく学んだ単語や表現、参考になった情報を全部メモする!」とだけ決めています。

 

1番シンプルなやり方は「漢字・ピンイン・日本語の意味(日本語の意味がしっくり来なければ中国語の解説)+例文」を書くというもの。

 

例文は、新井さんと同じく実際に出くわした例文や自分が使いそうな例文にアレンジしたものを書いています。

 

文字だけだと覚えにくい単語はGoogleでイメージ検索するのがおすすめで、検索した画像のスクショと一緒に単語を載せることもあります。

 

また、参考になった記事やYoutube動画のリンクなども全部ここに入れます。

 

ノートやExcelではなくLINE単語帳を使うメリット

 

解約

 

 

LINEを使った単語帳のメリットは以下の3つです。

 

LINE単語帳のメリット

  • 単語復習の心理的なハードルが低い
  • 動画のリンクやイメージ検索のスクショも載せられる
  • 日中翻訳機能を使うとさらに学習がスムーズになる

 

1つずつ詳しくお話ししていきます。

 

単語復習の心理的なハードルが低い

 

単語の学習には定期的な復習が必要であることはご存知だと思いますが、意外と難しかったりしませんか?

 

 

「ノートを開くまでがおっくうなんだよな・・・」とか「普段あまり使わないエクセルのアプリを開くのが意外と慣れない・・・」とか。

 

慣れてしまえばノートやExcelでももちろん良いのですが、慣れるまでが問題だと感じます。

 

 

私は単語ノートもExcelでの単語管理もしたことがありますが、どちらも続きませんでした・・・

 

LINEであれば、ほぼ毎日のように使うアプリだと思いますし「友達からのメッセージを確認する感覚」で使えるので、単語を見返す心理的なハードルが低くなると思います。

 

 

動画のリンクやイメージ検索のスクショも載せられる

 

先ほども少しお話ししましたが、記事・動画のリンクや画像も載せられるのがとても良いです。

 

スクショ

 

単語を勉強するときには単語帳以外にもさまざまなソースを使うと思いますが、LINEの単語帳であれば、一括にまとめて保管することができます。

 

 

例えばYoutubeの動画リンクやイメージ検索したスクリーンショット、中国人の友達との会話のスクリーンショットなど・・・。

 

紙のノートだとこういったことができないので、単語帳以外からも単語を勉強したい!という人にとってLINEの単語帳はとってもおすすめですよ。

 

 

日中翻訳機能を使うとさらに学習がスムーズになる

 

LINEには日中翻訳機能があります。

 

LINE単語帳と合わせて使えば「言いたいこと・言えないことを日本語から中国語に訳す→訳した中国語をそのままチャットルームに追加する」という具合で、LINE上で学習を完結することができるんです。

 

翻訳

翻訳された中国語が自然であるかどうか調べる場合は学習のステップが増えるものの、それを踏まえても手軽にスキマ時間で中国語の単語を増やすのに役立つはずですよ。

 

 

【関連記事】ぜんぶ無料!中国語学習の効率化に役立つツール5選

 

 

LINEで単語帳を作るデメリット

 

発音

 

ここまで良いことづくめのLINE単語帳ですが、もちろんデメリットもあります。

 

 

LINE単語帳のデメリット

  • 簡体字を書く練習ができない
  • 勉強に集中できなくなる可能性がある

 

簡体字を書く練習ができない

 

LINEで単語帳を作るデメリットとして、簡体字を書く練習ができないと言う点があります。

 

普段中国語のコミュニケーションで「手書きする」ことは少ないものの、HSKや中国語検定などの試験では簡体字を書かなければいけないですよね。

 

なので、簡体字を書いて覚える手助けにはならないと言う部分でデメリットになるかな〜と思います。

 

解決策としては、シンプルに書いて練習するしかないので、どうしても書けない単語に絞って書くのがおすすめです。

 

勉強に集中できなくなる可能性がある

 

スマホ勉強で起こりがちなのが「勉強に集中できなくなる可能性がある」ということ。

LINEやSNSの通知に気を取られたり、気づいたらSNSを見てたり・・・。

 

これまで何回も「ダメダメ!勉強に戻らないと!」と思った経験があります。

 

これに関しては、解決策が2種類あります。

 

解決策①:通知をオフにする

 

まずは、LINEやSNSなどの通知をオフにすることをおすすめします。iPhoneであれば「設定」→「通知」で設定することができます。

 

 

解決策②:アプリの休止時間を設定する

 

もう1つは、アプリの休止時間を設定を設定する方法です。

 

勉強する時間の間LINEとインターネット以外を除いた全てのアプリを使えないようにすることで、ついついSNSを見てしまったりということがなくなると思います。

 

設定は「設定」→「休止時間」から行えます。

 

 

LINEと同じように使えるアプリ

 

notion

画像:Notion公式サイト

 

最後に、LINEの単語帳と同じ要領で使えるアプリを紹介します。

 

それが「Notion (ノーション)」です。

 

LINEのチャットルームだと、少し前に追加した単語やリンクなどは全て流れてしまいますが、Notionであれば綺麗に整理・保管することができます。

 

 

いつどんな単語を追加したか覚えておきたいという人は、Notionのようなアプリを使って整理するのもおすすめですよ。

 

 

私は綺麗に整理することが苦手でポンポン気軽に追加できるLINEの方が合っていたので今は学習には使っていません><
 

まとめ:LINEでオリジナルの単語帳を作ろう

 

今回は、LINE単語帳の作り方についてお話ししました。

 

■記事のポイントまとめ

  • Keepメモを使う
  • 漢字+ピンイン+日本語/中国語の解説+例文を追加する
  • 文字で覚えにくい単語はイメージ検索のスクショを載せる
  • 「いいな!」と思った動画リンクや記事のリンクも載せる

 

LINEという普段使い慣れているアプリを使うことで、中国語の学習をうまく日常に取り入れることができると思います。

 

また、オリジナルの例文やイメージ検索のスクショも一緒に載せることで「記憶しやすい工夫」をすることもできるので、ただただ単語帳の単語を順番に勉強するよりも効率的です。

 

この記事が中国語の単語学習に少しでも役立てば嬉しいです♪

 

今すぐできること
ステップ①:LINEでKeepメモのトークルームを開始する

働きながら9ヶ月で3つの級に合格した勉強法を無料メルマガレッスンで配信します!

COMING SOON...

Copyright©中国語勉強カフェ,2021All Rights Reserved.