スピーキング練習におすすめ!自分の中国語を録音してみる

スピーキング
スピーキング

こんにちは、えびこです。(⇒プロフィールはこちら)

 

今回は、

なかなか中国語を話せるようにならない

スピーキングをアップさせる練習方法が知りたい

という方のために、中国語のスピーキング練習におすすめの録画 / 録音練習方法についてお話しします。

 

※以下、この記事内では録画と録音をまとめて「録音」と呼びます

 

 

この記事の内容
  • 中国語を録音するメリット

  • 録音の具体的なやり方

  • 自分の発音を確認する方法

  • 録音に対するよくあるお悩み

 

私は現在 Instagram (@chinese_memo)で中国語の会話フレーズを載せていますが、語彙力や表現力が上がりました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チャイメモ🇨🇳中国語フレーズ(@chinese_memo)がシェアした投稿

 

スマホ1つあれば簡単にできる練習方法なので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

中国語を録音するメリット

メリット

 

中国語を録音するメリットは、主にこんな感じです。

 

✔︎ 中国語を録音する4つのメリット

メリット①:自分のスピーキングを分析できる

メリット②:自分の苦手な発音がわかる

メリット③:何度でもやり直せる

メリット④:語彙や表現力が広がる

 

1つずつお話ししていきますね。

メリット①:自分のスピーキングを分析できる

 

1番のメリットは、「自分のスピーキングを客観的に分析できる」ということです。

 

独り言や会話レッスンもスピーキングの練習方法として効果的ですが、デメリットがあります。

 

それは、記録を残せないこと。

 

  • 自分がどんな間違いをしやすいのか

  • どんな単語を多用しているのか

  • どの声調を間違いやすいか

 

などを見返すことができません。

 

でも、録音してみるとそれが丸わかり。

 

そして、自分の話し方のクセや改善点が見つかったら

「これは直した方がいいな」と感じる部分は意識して直していくことができます。

 

例えば、私は話に詰まったときに

「就是〜(つまり、えっと)」を連発することが分かりました。

 

理由は、たぶん言いたいことがありすぎて頭の中が渋滞してるから。

 

“「就是」を使うこと自体は悪くないけど、連発しすぎてるなぁ“

 

と思ったので、

 

「話に詰まった時に使える他のフレーズを調べてみよう」

「話を1つ1つ整理しながら話す練習をしよう」

 

と自分の改善点が見えてきました。

 

「相手から見た自分の中国語」という客観的な視点で自分の話し方を分析できるのは、録音の大きなメリットの1つです。

メリット②:自分の苦手な発音がわかる

 

中国語を録音することで自分が苦手とする発音が分かります。

 

そして、自分の発音と正しい発音表を照らし合わせることで

発音の改善が期待できます。

 

例えば、私は「e」の発音の最後にちょっと出てくる「ぁ」が弱いことが分かりました。

例:「颜色」の「いぇんすー(ぁ)」が「いぇんすー」に聞こえる

 

これをどんと来い、中国語のピンイン音節表に照らし合わせて正しい発音を確認します。

 

最後の「ぁ」はもうちょっと大袈裟に発音してもいいことがわかり、試しに再録音してみると、発音表により近い発音になりました。

 

発音に関しては、厳しくなりすぎる必要はないです。

正直なところ、「いぇんすー(ぁ)」が「いぇんすー」になってても

理解してくれます。

 

ですが、きれいな発音で中国語を話したいという方には

録音して自分の発音と正しい発音を比較してみることをおすすめします。

メリット③:何度でもやり直せる

録音練習方法の1つに録音した中国語をSNSに載せてみるというのがあります。

 

SNSでシェアすることはマストではありません。

自分のスマホの中に保存しておくだけでもオッケー。

 

ですが、もしSNSでシェアしてみたい!と思っているなら、

録音はやり直しが効きます。

 

話に詰まったり発音を間違えちゃったりした部分も含めて

「これが今の私だ!」と一発撮りしたものを載せても良いですが、

分析と改善を繰り返したベストなものを載せても良いです。

 

私がインスタで載せている中国語の会話フレーズの動画は、

だいたい5回くらい撮り直してます。

 

「不完全なものを載せるのはちょっと勇気がいる・・・」

という人は、何度もやり直して「これならOK!」というものを載せることができます。

メリット④:語彙や表現力が広がる

中国語の録音は、語彙や表現力アップにもつながります。

実際に何度も何度も口に出すからです。

 

言える単語やフレーズを増やすには、実際に口を使って練習するのが一番です。

 

独り言でも練習することはできますが、

 

  • 何回もやり直す過程

  • 誰かに見られる緊張感 (SNSでシェアする場合)

  • インプットした単語やフレーズを取り入れて読み上げた文章

 

は、録画/録音ならではの特徴。

 

また、やり直しの過程や感情がたくさん入った中で発した単語やフレーズは忘れにくいです。

 

中国語を話せるようになるために大切なことは1つ【口を動かそう】
こんにちは、えび子です。今回は、中国語を勉強してるけどなかなか中国語が話せるようにならない、一人でもできる中国語のスピーキング練習方法が知りたいという方のために、中国語を話せるようになるために大切なたった1つのことについてお話ししていきます。私が実際にやっている、一人でできるスピーキング練習方法も紹介していきます。

中国語録音の詳しいやり方

やり方

 

それでは詳しいやり方をお話ししていきます。

 

えっと、正しいやり方はありません。

 

独り言を録音してみるもよし、原稿を作るも作らないもよし、

SNSに載せるも載せないもよし。

 

細かいルールは特にありません。

 

この記事では、私がインスタに投稿しているような

「会話フレーズを増やすための」中国語の録音のやり方をシェアしますね。

 

ステップは5つ。

 

✔︎ 中国語録音の5つステップ

ステップ①:新しい表現をメモる

ステップ②:インスタで紹介するフレーズを決める

※1投稿につき1フレーズ

ステップ③:原稿を作る

ステップ④:録画する&改善する

ステップ⑤:インスタにあげる

ステップ①:新しい表現を覚える

Youtubeやドラマなどで「これ覚えたい!」というフレーズをメモします。

 

LINE

 

私は、メンバーが自分のみのLINEグループを作って表現をストックしていっています。

ステップ②:インスタで紹介するフレーズを決める

LINEグループにストックしたフレーズの中から

「これを紹介しよう」と1つ決めます。

 

紹介するフレーズの順番は決めずに、

その時その時で自分が紹介したいと思ったフレーズを選びます。

 

独り言を録音したい方は、ここでトピックを決めましょう。

ステップ③:原稿を作る

紹介するフレーズが決まったら、簡単な原稿を作ります。

 

notion

 

私が原稿に盛り込むポイントは、だいたいこの3つです。

 

  • フレーズとその意味

  • フレーズを使うシチュエーション

  • 自分で作った例文

 

自分の言葉で意味やシチュエーションを説明することで、

フレーズに対する理解がより深まります。

 

ちなみに、フレーズの意味とフレーズを使うシチュエーションは日本語で説明します。

ステップ④:録画する&改善する

原稿ができたら録画していきます。

 

自慢じゃないですが、1発で成功することはほぼありません。

 

  • この単語の発音がクリアじゃないな

  • 声調が間違ってるな

  • 緊張しすぎてカメラのレンズから目線が外れてるぞ

 

などなど、改善点が山ほど出てきます。

 

改善点がわかったら、直すことを意識して2回目、3回目・・・と撮っていきます。

 

 

ここでふと気づいたこと。

 

何回も撮り直すということはそのフレーズを繰り返し口に出すということなのですが、その分記憶が定着します。

 

なので、撮り直しは全く無駄じゃないです。

ステップ⑤:インスタにあげる

最後は、いよいよインスタに投稿します。

 

インスタ

 

「自分の中国語を他の人に見られるのは恥ずかしい」という人は、

SNSに投稿しなくてもオッケーです。

 

ですが「私も中国語学習してます!一緒に頑張りましょうね」といったコメントなど、SNSに投稿するからこそ得られる嬉しさもあります。

中国語の録音をしたら発音を確認する

発音

 

中国語を録音するときに、ネイティブの自然な発音が知りたい人には

Youglishというサイトがおすすめです。

 

発音が気になる単語やフレーズを入力すると、

その単語やフレーズを使っているネイティブの動画が出てきます。

 

試しに、「圣诞节 (クリスマス)」と打ってみると・・・

(記事を書いている今日がクリスマスまであと4日で、

脳内がクリスマスモードになっています)

 

Youglish

こんな感じで動画が出てきます。

 

その単語やフレーズを話している分数に設定されているので、

「どこにフレーズがあるんだろう?」と探す必要もありません。

 

>>Youglishで中国語のフレーズを調べる

中国語録音に対するよくある悩み

悩み

 

中国語録音に対するよくある悩みはこんな感じが多いと思います。

私も録画を始める前に感じていたことです。

 

✔︎ よくあるお悩み

お悩み①:自分の声が嫌い

お悩み②:人と比べてしまう

お悩み③:SNSで批判的なコメントが来たら怖い

お悩み①:自分の声が嫌い

カメラやボイスレコーダーを通すと声が変わって聞こえるの、

なんなんでしょうね?

 

自分の声が嫌いで録音したくない人、多いです。

 

私も自分の声が低いことが嫌で録音をしてこなかったのですが、

今になってわかったことがあります。

 

「中国語を録音する目的は、あなたの声に耳を澄ませることですか?」

 

違いますね。目的は、中国語を話す練習をするためです。

 

自分の声が嫌いな理由は人それぞれ事情があると思いますが、

その前にある「録音する目的」を忘れないでくださいね。

 

それと、何回か聞いてると自分の声に慣れてきて可愛らしさすら覚えます。

お悩み②:人と比べてしまう

同じように録音をしている人の中国語を「私より上手い。それに比べて、私はまだまだ」とがっかりしてしまう人。

 

人と比べること自体は悪いことではありません。

 

でも、それでネガティブな感情を持って録画/録音をやめてしまうのはもったいないこと。

 

比べている対象の人は、あなたより何年も前から中国語の学習を始めた人かもしれません。

もしかしたら、語学の習得に長けている人なのかもしれません。

 

学習期間や習得の速さは人それぞれ違うのに、

対象の相手を「同じ学習期間で、同じ語学習得スキルを持っている」と勝手に思い込んで比べるのは意味ないです。

 

もしも対象の相手が自分より中国語が上手だと感じるなら、

 

「この人の何が“上手い“と思わせんだろう?」と、今の自分に足りない部分を分析したり、

「この人くらい上手くなるぞ!」とモチベーションに変えたりするのはどうでしょうか?

 

きっと、1年後、半年後、はたまた3ヶ月後にはかなり中国語が上達しているはずです。

お悩み③:SNSで批判的なコメントが来たら怖い

実をいうと私も怖いです。

幸い、今のところネガティブなコメントが来たことはありません。

 

SNS上でも感じることなのですが、語学学習をしている人はポジティブで向上心の強い人が多いです。

 

人の中国語に難癖をつけたりすることに興味がないといいますか、、、。

 

でも、万が一、万が一批判的なコメントが来たら、

それはこういうことです。

 

「批判する人たちは、自分に自信がないから他人を批判する。

批判することで自分の方が上にいるように感じている」

 

ただし、指摘と批判は違います。

 

「発音が下手」などは、あくまで相手が抱いた感情であり、

事実ではありません。

 

「ここの発音が間違っていますよ」などは、もしその発音が

本当に間違っていたなら指摘です。

 

相手の言い方によって「批判された・・・」と感じてしまうかもしれませんが、指摘をされたら「ご指摘ありがとうございます」と感謝し、直す。

 

批判には反応しない。

 

これだけです。

 

先にもお話ししたように語学学習者さんたちはポジティブで向上心の高い人たちが多いです。

 

きっと、ネガティブなコメントよりモチベーションになるようなコメントをもらえることの方が多いはずですよ☺️

まとめ:スピーキングの練習に中国語を録音してみよう

まとめ

 

今回は、中国語を録音する方法をお話ししました。

 

この記事のまとめ

【中国語を録音するメリット】

メリット①:自分のスピーキングを分析できる

メリット②:自分の苦手な発音がわかる

メリット③:何度でもやり直せる

メリット④:語彙や表現力が広がる

 

【録音のステップは簡単5つ!】

ステップ①:新しい表現をメモる

ステップ②:インスタで紹介するフレーズを決める

ステップ③:原稿を作る

ステップ④:録画する&改善する

ステップ⑤:インスタにあげる

 

自分が中国語を話している姿を観るのは、最初は気恥ずかしいかもしれません。

 

ですが、自分の中国語を客観的に分析し改善することで

中国語は上達していきます。

 

ぜひ、中国語の録音練習方法を取り入れてみてくださいね🌿

 

タイトルとURLをコピーしました