中国語コミュニティ「成长吧 CZbar」がスタート▼

あなたはどれ?内向型の5つのタイプ

モチベーション
モチベーション

こんにちは、えびこです。(⇒プロフィールはこちら)

 

こちらの記事で、内向性を測るための診断テスト30の質問項目を挙げました。

 

あなたは内向型?外向型?30の質問でチェックしてみよう
こんにちは、えびこです。今回は、今の中国語学習方法が合っているのかわからない、「語学は積極的に話すことで伸びる」という言葉がなぜかしっくりこないという人のために、心理学の面からちょこっとお話しをしていきます。今回お話しする内容は最近広まりつつあるもののまだまだ誤解の多い「内向型」「外向型」という考えです。

 

自分でも診断を受けてみたところ26項目が当てはまり、かなり内向性が高いことが判明しました。

 

そして、色々と調べていくうちに「内向性の質問項目には様々なタイプがある」「人によって内向性が強く出る部分が異なることがある」ということがわかりました。

 

 

ということで、今回は内向性の5つのタイプについてお話ししたいと思います。

 

※この記事は下記の記事を参考にしたもので、あくまで5つのタイプは仮説段階です

>>ライフネットジャーナル

5つの内向性タイプ

内向性

 

記事によると、内向性は以下の5つに分かれるとのことです。

 

✔︎ 5つの内向性タイプ

①:邪魔されたくないタイプ

②:親しい人とひっそりタイプ

③:発言抑制タイプ

④:聞き手タイプ

⑤:少人数好きタイプ

 

それでは、それぞれの内向性タイプについてお話ししていきます。

 

タイプ①:邪魔されたくないタイプ

タイプ①

 

まず1つ目は、「邪魔されたくないタイプ」です。

 

自分がやっていることは、納得がいくまでやり切ってから人に見せたいという特徴があります。

 

このタイプは、色々ある内向型診断テストの中で下記のような質問項目に高く当てはまります。

 

  • 一人での作業時に最大限の実力を発揮する

  • 他人と衝突するのが嫌い

  • きちんとしたかたちになるまで、自分の作品やアイデアは他人に披露できない

 

30の質問でわかる内向型診断テストで紹介した質問項目の中から、この質問に当てはまる人もこのタイプと言えそうです。

 

  • 他人の邪魔をしたり、自分の邪魔をされたりするのが嫌い 

 

このタイプが苦手な外部刺激は、未完成の状態に他人が入り込んでくることです。

 

何かをやっている途中でちゃちゃを入れられたり、絶え間なく質問されたりすることが嫌だと感じます。

タイプ②:親しい人とひっそりタイプ

タイプ②

 

このタイプは、内向型診断テストの中で下記のような質問項目に高く当てはまります。

 

  • 休むときはグループで過ごすよりも自分だけか2、3人の親しい人と過ごしたい

  • 祝い事はパーティーではなく一人の人か数人の親しい友達としたい

  • たとえ楽しんだとしても、社交的な催しのあとは消耗してしまう

 

このタイプが苦手な外部刺激は、初対面の人や関係性が薄い人たちとの交流です。

 

何かのセミナーのあとの交流会や会社全体でのパーティーなど、初めて会う人や深く知らない人たちと一緒に時間を過ごすことに疲れを感じてしまいます。

タイプ③:発言抑制タイプ

タイプ③

 

「口数が少ない」と言われる人が当てはまるのが「発言抑制タイプ」です。

 

話しながら考えることはせず、自分の中でじっくりと考えてから発言します。

 

このタイプは、内向型診断テストの中で下記のような質問項目に高く当てはまります。

 

  • 話をする前によく考える

  • 人から物静かだ、よそよそしいと思われることがある

  • ゆっくりと、あるいはとつとつと喋る

 

このタイプが苦手な外部刺激は、その場に応じて素早く機転をきかせることです。

 

発言を求められた時に考えを整理してから話すので、結果として「物静かだ」などと言われることが多くなるようです。

タイプ④:聞き手タイプ

タイプ④

 

発言抑制タイプとは似ているようで少し異なるのが、「聞き手タイプ」。

 

このタイプは、内向型診断テストの中で下記のような質問項目に高く当てはまります。

 

  • 話すより聞く方が好きだ

  • 集中するのは簡単だ

 

発言抑制タイプは口数が少ないことが特徴でした。

 

対して、聞き手タイプは口数は多いかもしれないですが「この人に聞いてもらうと心地いいな」と思われやすいことが特徴です。

 

また、このタイプが苦手な外部刺激は主導権を発揮することです。

タイプ⑤:少人数好きタイプ

タイプ⑤

 

最後は、人との接点は1対1を好む「少人数好きタイプ」です。

 

このタイプは、内向型診断テストの中で下記のような質問項目に高く当てはまります。

 

  • グループより1対1の会話が好きだ

 

このタイプが苦手な外部刺激は、多人数への対応です。

特定のテーマや、興味関心が合う人と1対1で対話することが好きです。

 

参考にした記事では触れられていませんでしたが、個人的には「親しい人とひっそりタイプ」と「少人数好きタイプ」も、似ているようでやはり少し違いがあるように思いました。

 

親しい人とひっそりタイプと少人数好きタイプのどちらも、小さいグループでの交流を好む傾向にあるように思います。

 

違いとしては、親しい人とひっそりタイプは初対面の人や大勢の人が集まる場所での交流自体が苦手です。

 

ですが、少人数好きタイプは多くの人が集まる場に行くのは平気でも、隣にいる人とだけ会話したり話題の合う人のところに行くという特徴があります。

まとめ:内向性を発動する場面は人によって異なる

まとめ

 

今回は、ライフネットジャーナルの記事を参考にして内向性の5つのタイプについてお話ししてきました。

 

内向型の人の中でも、全面的に内向的な人もいれば特定の場面で内向性が強く出る部分とそうでない部分がある人がいるということがわかりました。

 

自分の内向性について知ると、自分がどんなことに疲れを感じたりストレスを受けたりするのかがわかります。

 

そして、疲れやストレスを感じる部分をシャットダウンすることで心地よく過ごせるようになりますよ。

 

【朝型】内向的な私のリアルな中国語勉強スケジュール【独学】
こんにちは、えび子です。今回は、内向的な性格の私がふだんどのように中国語を勉強をしているのか「勉強スケジュール」を公開します。オンライン中国語会話などのサービスなしでインプットとアウトプットを両方練習できる勉強スケジュールになっています。
\ 谢谢你的关注~(๑╹ω╹๑ ) /
「いいね!」「記事が役に立った」と思ったら、シェアをお願いします!/
日常会話でよく使う中国語表現テキスト無料配布中♪
中国語を頑張って勉強しているのに、会話になると不自然になる...。 そんなあなたに「会話の表現力が豊富になる品詞表現まとめシート」を期間限定で無料プレゼントします! 会話の練習はまだしたことないという方も、事前に内容を知っておけば中国語会話が楽しくなりますよ♪
中国語勉強カフェ