【マルチリンガル語学学習】10月の振り返りと11月の目標

学習計画
学習計画

こんにちは、えび子です。(⇒プロフィールはこちら)

 

今回は、マルチリンガル語学学習(中国語・英語・韓国語)の10月の振り返りと11月の目標をシェアしていきます。

 

▼ 過去の分はこちら ▼

>>9月の学習目標

>>9月の振り返りと10月の目標

 

10月に立てた目標はこんな感じでした。

 

✔︎ マルチリンガル語学学習10月の目標

  • 中国語:HSK単語の強化・中国語ニュースの音読・小红书への投稿

 

  • 英語:IELTS単語の勉強・英語ニュースの音読・IELTS Practice Testを受ける

 

  • 韓国語:TOPIK作文の型作り・TOPIK単語の強化・韓国語ニュースの音読

 

そして、こちらが結果。

 

✔︎ 10月にやったこと

  • 中国語:HSK単語の強化・中国語ニュースの音読・小红书への投稿

 

  • 英語:IELTS単語の勉強・英語ニュースの音読・IELTS Practice Testを受ける

 

  • 韓国語:TOPIK作文の型作り・TOPIK単語の強化・韓国語ニュースの音読

 

勉強時間の配分について変化がありました。

 

今までは毎日3つの言語を勉強していたのですが、午前中の時間が全て勉強にとられてしまっていました。

ブログの運営もあるので、10月は勉強の時間配分を以下のように変えてみました。

 

月・火→中国語

水・木→英語

金・土→韓国語

日→おやすみ♪( ´θ`)

 

今のところこのやり方があっているので、今月も続けていきます。

10月の振り返り

 

では、10月の振り返りです。

振り返り①:中国語

✔︎ 10月にやったこと

  • キクタン中国語中級編を1日20単語進める
  • ニュースの音読をした
  • 小红书への投稿を始めた

 

キクタン中国語中級編は、無料でダウンロードできるPDFとYoutube動画を使って節約。

>>キクタン中国語を無料で勉強する方法

 

時間はかかるけど・・・。

 

今までは動画で紹介されている例文をそのまま書いていたのですが、例文の一部を自分の状況に当てはまるように変えました。

 

これは、英語学習本「英語日記BOY」で著者の新井リオさんが紹介している「例文ピンポイント入れ替え」と呼ばれる方法。

 

「こんな例文、私の生活で使うことないな」と思う例文を、単語を入れ替えて「これなら、本当に日常生活で使いそう」という例文に替えていきます。

 

例えば、キクタン中国語中級編の例文でこんなものがありました。

 

”我用录音机把他的讲演都录下来了。”

(私はテープレコーダーを使って彼の講演を録音した。)

 

テープレコーダーは、私の日常生活ではまず使うことがありませんん。何かを録音するとしたらスマホを使います。また、講演という単語も使用頻度は低いです。

 

なので、このように変えます。

 

”我(用手机)把他的课都录下来了。”

私は(スマホを使って)彼の講義を録音した。

 

これなら、日常生活で使うことがありそう。

 

例文をピンポイントで入れ替えることで、自分だけのオリジナル例文を作ることができます。そして、その例文を丸暗記すれば会話にも使えます。

 

ニュースの音読は、新聞・ニュースで中国語を勉強する方法でもちょこっとご紹介した央视新闻のアプリを使って行いました。

 

ニュースを音読したあとは、ニュースの中で使われていた表現や単語を使って旦那さんと中国で会話。アウトプットもしました。

振り返り②:英語

✔︎ 10月にやったこと

  • Essential Words for the IELTS で単語の勉強した
  • ニュースの音読をした

 

Essential Words for the IELTS、ただ単語の一覧を載せた単語帳かと思ったら、問題形式になっていました。(当たり本でした!)

 

  • 単語と意味のマッチング
  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

 

を、この1冊を通して学ぶことができます。

 

ニュース記事は、主にThe GuardianNY Timesから選びました。

 

Practice Testは受けれずじまい。来月に持ち越します。

 

振り返り②:韓国語

✔︎ 10月にやったこと

  • TOPIK作文の型作りを始めた
  • 単語の強化

 

TOPIK作文を練習するために購入したのがこちらの書籍。

 

 

著者は、韓国語の試験だから作文も韓国語でいきなり書き出すのではなく、まずは「日本語で論理的な作文の型作りをすることが大切」と言っています。

 

日本語で作文の構成をする→自然な韓国語表現を当てはめていく→自然な韓国語の文にする

 

試験まではまだまだ時間がありますが、作文が一番苦手な分野なので早め早めに対策していきます。

 

単語は、以前から持っているTOPIK Ⅱの単語帳で引き続き勉強。

 

「超独学法 AI時代の働き方へ」ブックレビューで著者が「外国語の学習は文章の丸暗記に尽きる」と言っていました。

 

なので、単語の意味を1つ1つ確認するのではなく、例文を音読して文章ごと覚えるやり方に変えました。

まだ検証段階なので、この方法が自分に合っているか100%はわかりません。

でも、今のところ、例文を暗記→翌日起きた時の復習時に覚えている単語数が多いかな?と思います。

 

ニュースの音読はあまりできませんでした。

11月の目標

 

11月の目標を紹介して終わります。

 

✔︎ マルチリンガル語学学習11月の目標

  • 中国語:例文ピンポイント入れ替え法で引き続きHSK単語の勉強する

 

  • 英語:IELTSスピーキングの対策整理&実行・Practice Test受ける

 

  • 韓国語:TOPIK最新の過去問を解いてみる

 

単語はどれだけやっても終わりがないので、毎月の学習に入れ続けます。

 

それでは、11月の振り返り記事でお会いしましょう(๑╹ω╹๑ )

>>中国語の勉強に関連する記事を見てみる

 

 

タイトルとURLをコピーしました