【コロナ】カナダ入国制限が再び延長!期間と制限の免除対象などの状況

海外生活
海外生活

3月16日以降、カナダ国籍者以外(カナダの永住権保持者・航空クルー・外交官・カナダ国籍者の家族・米国籍者を除く)のカナダへの入国が禁止されていましたが、先日入国制限の期間の延長が発表されました。

 

 

現在、入国制限措置は7/31まで延長されています。

入国制限措置

出典:カナダ政府公式サイト

 

※この記事の情報は7/2付けのものとなります。最新の情報はご自身でもご確認をお願いいたします。

カナダ入国制限措置の免除対象

以下に該当する人はカナダへの入国 (帰国)制限措置の免除対象となっています。

 

  • カナダ国籍保持者
  • カナダ永住権保持者
  • 米国籍者
  • カナダ国籍保持者/永住権保持者の家族 
  • カナダへの入国が必須 (Essential) とみなされた一時的な外国人労働者
  • カナダへの入国が必須 (Essential) とみなされた一部の留学生
  • 外交官

 

なお、カナダ入国時の14日間の自己隔離措置は8/31までの延長が決定しました。

 

自主隔離措置

出典:カナダ政府公式サイト

エアカナダの国際線フライト状況

エアカナダは、現在成田/バンクーバー間でのみ国際線を運航しています。

 

成田発バンクーバー行き→月・火・木・金・日の週5日

バンクーバー発成田行き→月・水・木・土・日の週5日

 

エアカナダ 羽田/トロントのフライト再開を延期」記事でもお話ししていますが、エアカナダでフライトの最新情報を集めるなら日本語版よりも英語版の方がいいです。

 

コロナ関連の最新情報の更新が早いからです。

 

エアカナダ国際線フライト状況をチェックする

カナダ入国制限措置の免除対象者も14日間の自主隔離が必要

入国

上記で挙げたカナダ入国制限措置の免除対象になっている人も、入国後は14日間の自主隔離が必要です。

 

下記カナダ政府公式サイトのリンク (英語)で詳細を確認できますが、カナダ到着後、以下を含む自主隔離計画なるものを係員に示す必要があります。

 

  • 滞在する場所
  • 滞在先への移動方法
  • どのように食材調達を行うか
  • どのように必要不可欠なサービスや医療サービスにアクセスするか など

 

さらに詳しく見ていくとこのように書いてあります。一部を抜粋します。

 

  • 自主隔離の滞在先は、重症化しやすい人との接触がない場所でなければならない
  • 65歳以上の高齢者がいない 
  • 基礎疾患のある人がいない など

 

  • 食材や薬などの生活必需品へアクセスできる場所へ滞在する必要がある

 

  • 滞在先までの移動中はマスクを着用しなければならない

 

  • 他の場所へ立ち寄ることなく滞在先へ直行し、14日間自己隔離をしなければならない

 

  • 食材や薬などの調達は誰かにゲットしてもらわなければならない

⇒これ、留学生やワーホリの人には難しいですよね。エージェントがどこまで対応してくれるのか、ホームステイをする方はホストファミリーがどこまでしてくれるのかも重要になってきますね。

 

※ブリティッシュコロンビア (BC)州では、オンラインまたは紙面での自己隔離計画書を提出する必要があるようです。

 

参照リンク:カナダ政府公式サイト

BC州政府公式サイト

カナダ入国後自主隔離をしなかった場合の罰則

自己隔離計画を無視した場合の罰則はこちらです。

 

  • 最大7500カナダドルの罰金
  • 懲役6ヶ月
  • 1年間のカナダ入国禁止

 

参照リンク:カナダ政府公式サイト

エアカナダのコロナ対策状況

現在エアカナダでは新型コロナウイルスにおける対策として「エアカナダ クリーンケア+」を実施しており、乗客全員にマスクを着用することを求めています。

 

 

クリーンケア+

出典:エアカナダ

 

その他の施策や羽田/トロント間の運航最新情報はこちらの記事からチェックできます。

まとめ:7/31までは日本人旅行客のカナダへの入国禁止

というわけで、7/31までは条件を満たしている人以外の日本人はカナダへの入国ができない状態となりました。

 

現在、国内の緊急事態宣言も7/15まで延長されています。

カナダでは感染のピークを超え減少傾向にあるとされていますが、引き続き油断できない状況が続いています。

 

カナダにおけるコロナウイルスの状況についての最新情報は今後も更新しますので、ブログの購読・Twitterのフォローなどよろしければお願いします。

コメントを書き込む コメントいただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました