初めてのカナダ留学でホームステイをしなかった理由【デメリット】

カナダ留学
カナダ留学

カナダに正規留学する予定だけど、ホームステイか学生寮どっちにしたらいいんだろう・・・?

 

こんなお悩みを解決します。

 

これからカナダ留学やワーホリを控えている人に少しでも役立てば嬉しいです。

 

👆この記事の内容

  • 私が初めてのカナダ正規留学でホームステイをしなかった理由 
  • 私が思うホームステイのメリットデメリット
  • 学生寮のメリットデメリットと実際に住んだ感想
  • 慣れてきたら◯◯がオススメ

 

今回は、私が20歳で初めてカナダ留学に来た時にホームステイを選ばなかった理由をメインに、ホームステイ と学生寮それぞれのメリットや留学生活に慣れて来た後のことについてお話しします。

 

私が初めてのカナダ留学でホームステイをしなかった理由

ホームステイ

まず、私が初めてカナダ留学に来てホームステイを選ばなかった理由は「知らない家族と住むなんて無理ィ。」と思ったからです。

 

 それだけです。

 

私はカレッジへの正規留学が目的だったので、最低2年はカナダに住むつもりでした。1ヶ月の短期留学でカナダに来るなら考えは違っていたかもしれません。

 

でも、知らない人、ましてや「家族という1つの大きな他人集団」にいきなり混じって生活するのは、正直無理だと思いました。

 

気遣うだろうし。

 

  • 文化を知るチャンス
  • 英語を練習する機会
  • 食事やお出かけに連れて行ってくれる

 

などホームステイ賛成派の意見を持つ方たちもいると思いますが、私は

 

  • 文化を知るチャンス→文化を知る目的で留学に来ているわけではない
  • 英語を練習するいい機会→カレッジ生活が始まれば嫌でも英語を喋る
  • 食事やお出かけに連れて行ってくれる→興味のない場所に連れて行かれるのも嫌

 

と思ってしまったので、ホームステイを選びませんでした。

 

代わりに、最初の住まいとしてカレッジのキャンパス内にある学生寮を選びました。

 

結果、学生寮にして良かったです。

カナダでホームステイするメリットデメリット

ホームステイ

ホームステイは経験したことがないので、あくまでエージェントが言っていることや私個人が思うメリットデメリットです。

 

メリット デメリット
カナダ人家族と一緒に住む体験ができる 家庭の決まりに合わせなきゃいけない
文化を知ることができる 生活環境が異なる他人と住む
英語を練習できる ホストファミリーとのトラブルがあるかも
食費が節約できる ステイ先が決まるのは渡航直前

 

などなど・・・。

 

ホームステイのメリットを見ても魅力的に感じなかった人や以下に当てはまる人はホームステイに向いていないのかもしれません。

 

  • 知らない家族の中に混じって一緒に生活するのは無理
  • ステイ先の様々なルールで気疲れしそう
  • 一人で生活する方が楽で好き 

カナダで学生寮に住むメリットデメリット

学生寮

 

続いて学生寮のメリットデメリットです。

 

私が住んでいた学生寮はこんな特徴がありました。

 

  • 1つのユニットに2部屋+キッチンとダイニング
  • 部屋自体は一人で使うことができる
  • バスルームやキッチンは共同で使う
  • 洗濯機は寮全体での共同
  • 確か門限は22時くらいだった

 

※寮によってはルームシェアという形で1つの部屋を2人とかで使うタイプのものもあります

 

メリット デメリット
自立した暮らしができる 自炊洗濯をする必要がある
相性が合えばルームメイトと仲良くなれる 相性が合わなければ寮に帰るのが辛くなるかも
キャンパス内や近くにあり、通学に便利 割と家賃が高め
基本的に男女別部屋 一人部屋でないとプライベートがない

 

💡「家賃が高め」というポイントについて、のちほど代替えのオプションをお話しします。

カナダ留学で学生寮に住んだ感想

学生寮

結論から言うと、学生寮にして良かったと思います。

 

何と言っても、一人部屋を使えてルームメイトにそれほど気を使わなくていいところがとても楽でした。

 

ルームメイトはアフリカの国から留学に来ていた女の子でしたが、いい意味でお互い気を使いませんでした。

(後に、この女の子が私の部屋に勝手に入りハンガーを盗むという事件がありましたが)

 

好きなことや趣味が合えば仲良くなっていけばいいし、挨拶を交わす程度の距離感でも私は全然いいと思っています。

 

留学に来て不安だからと学生寮で変に友達作りに励まなくても、学校生活が始まればクラスメイトとの交流は増えていきます。

カナダ留学に慣れて来たらルームレントかアパートがおすすめ

ルームレント

学生寮に住んでいて1つだけ難点だったのは、「家賃が高い」ことでした。

 

 

家賃

出典:Niagara College Canada

 

私が住んでいた時は、1ヶ月$650 - $700 (日本円で5万〜6万円)くらい払っていたと思います。ホームステイのように食事付きではなかったので、食材や洗濯に必要なものなどは全て自費。

 

ずっと学生寮に住み続けるのは無理だと思っていました。

 

それから、たくさんの友達がルームレントをしていることがわかりました。

 

ルームレント (シェアハウス)とは、一軒家の1部屋だけを借りることです。

 

家の持ち主がその家に常に住んでいることもありますし、普段は別にある自宅に住んでいて、部屋を貸し出していることもあります。

 

部屋貸し出しを紹介しているサイトを見ると、月の家賃や住む時の条件などをたくさん見ることができるので自分に合った金額の部屋を見つけることができます。

 

都市部になると家賃も上がる傾向にありますが、私の友達は月$400(3万円程度)で地下フロア全部を借りている子もいます。

 

また、アパートがオススメなのは、気が合う友達ができたり私のように彼氏ができた場合はアパートに2人で住むと「完全なるプライベートの確保ができる+家賃を折半できる」からです。

 

💡ルームレントやアパートを探すなら、Kijijiがおすすめ (「Real Estate」タブの「Room Rent」から探すことができます)

 

💡日本語で物件を探すなら、EーMapleJPカナダ (トップページ下部に物件紹介をしている部分があります)

まとめ

まとめ

私は、とにかく「知らない土地で知らない家族にいきなり混じって生活をするということが無理」だと感じたのでホームステイを選びませんでした。

 

合う・合わないはそれぞれ違いますが、カナダ留学やワーホリ時の住まいに悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

ホームステイと学生寮それぞれのメリット・デメリットをもう一度まとめます。

 

ホームステイのメリットデメリット

メリット デメリット
カナダ人家族と一緒に住む体験ができる 家庭の決まりに合わせなきゃいけない
文化を知ることができる 生活環境が異なる他人と住む
英語を練習できる ホストファミリーとのトラブルがあるかも
食費が節約できる ステイ先が決まるのは渡航直前

 

学生寮のメリットデメリット

メリット デメリット
自立した暮らしができる 自炊洗濯をする必要がある
相性が合えばルームメイトと仲良くなれる 相性が合わなければ寮に帰るのが辛くなるかも
キャンパス内や近くにあり、通学に便利 割と家賃が高め
基本的に男女別部屋 一人部屋でないとプライベートがない

 

ルームレントやアパートを探すのもおすすめ

 

留学生活において住む場所というのはかなり重要になるので、メリット・デメリットを慎重に考えてみてください。

 

専門学校を卒業後カナダのカレッジに留学ってどうなの?【ちょっと後悔】
現在専門学校に通っていて、卒業後は就職ではなく留学をしようと考えている人。 または、就職を考えていたけど気が変わって留学したいと思い始めた人。 私は、同じ選択をした1人として自分の選択をちょっとだけ後悔しています。この記事が「私は本当に留学するべきなのか?」を考えるきっかけになれば嬉しいです。

コメントを書き込む コメントいただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました